自動車購入を考え、車種選びをする時に、大きさや形も気にしますが、ランニングコストも考えて決めました。

子育て中の私が選んだ車種は軽自動車!

自動車の車種選びはランニングコストも考えました

今から5年前に、それまで乗っていた自動車がもうすぐ10年を迎えようとしていたので、乗り換えを考えました。
それまで乗っていた車は、当時燃費の良さで有名だったヴィッツでしたので、買い替える車ももちろん燃費のいい車にしたいと考えていました。

ただ、家族の人数が増えたこともあり、車種をミニバンタイプにしたかったので、それまでのヴィッツほどの燃費を求める訳にはいきませんでした。
また、ハイブリッドタイプも考えましたが、初期投資がかなりかかるのと、その価格の差とガソリン代を天秤にかけ、わざわざハイブリッドタイプを選ぶことはやめました。
また、排気量の違いによって、一年に一回支払わなくてはならない自動車税の価格が違うことにも注目しました。
排気量を抑えると、パワーがなくなると考えがちでしたが、ある自動車は排気量が小さい割には、パワーある運転ができたりすることもその時知りました。
エンジンの違いだということでした。
自動車税の違いといっても数千円が何年も違えば、かなりの出費の差になります。

結局、そういったことを総合的に考え、ミニバンタイプで、排気量は同クラスで考えれば小さいのですが、エンジンがいいことで同クラスと引けをとらないであろう自動車を購入することにしました。
その車はそれまでのヴィッツと同じ排気量ですが、パワーはヴィッツ以上のパワーを発揮し、家計を握る私も、自動車の走りを気にする主人も両方が気に入る自動車を購入することができました。